ブラックな看護師の職場

看護の資格を取りこれから就職をする方もいれば、「今までの経験を活かして転職をしたい」と考えている方もいると思います。新たな環境に飛び込むというのは、なかなか大変なものですよね。飛ぶ混む環境は、誰だって良い環境であってほしいもの。しかし、最近ではブラック企業という言葉を耳にすることも増え、「看護の業界は大丈夫だろうか?」と不安になっている方も多いのではないでしょうか。

そもそも、ブラックな職場とはどういった職場のことを言っているのでしょうか。最近では、ニュースでもブラック企業という言葉が聞かれる様になりましたが、ブラック企業とは長時間残業を強いられたり、休日出勤を強いられたりするような職場のことを指します。「看護業界では関係ないだろう」と思っている方もいると思いますが、看護業界でもブラックな職場は存在します。例えば、夜勤勤務を週に何度も強いられたり、残業を強いられる職場があります。「でも、手当や残業代がつくから良いだろう」と思っている方もいると思いますが、ブラック企業の場合にはこれらを改ざんしているところもあり、お給料などに反映されないケースも少なくありません。ということは、何度夜勤をしても、何時間残業をしても、収入は増えないということになります。こういった過酷な労働を強いられるブラックな職場もありますから、職場選びは慎重に行っていくことが必要となります。特にこれから転職を考えている方の場合には、自分で転職先を探すことも多いでしょうから、情報収集などをしっかりと行って進めていくことが大切となるでしょう。サラリーマンの転職と同じように、看護師も求人情報を見極める目を持っておかなければ、ブラックな職場に転職してしまうかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です